コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利口・利巧・悧巧 りこう

1件 の用語解説(利口・利巧・悧巧の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りこう【利口・利巧・悧巧】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
頭がいいこと。かしこいこと。また、そのさま。利発。 ↔ 馬鹿 「 -な動物」 「 -になる」
(特に子供について)聞きわけのいいこと。物分かりがよくて素直なこと。また、そのさま。 「お-さんだから静かにしなさい」
抜け目がないこと。要領のいいこと。また、そのさま。 「 -者」 「 -に立ち回る」
弁舌が巧みな・こと(さま)。巧言。 「行きて-に云ひ聞かせよ/今昔 28
冗談を言うこと。 「もとどり切られてそれにもこりず、猶-しありきける程に/著聞 16」 〔「利口」は、もと弁舌の巧みなことをいう語であったが、生まれつき利発なことを意味する「利根りこん」と混同され、意味が変化し、「利巧・悧巧」とも表記されるようになった〕 → 賢明(補説欄)
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone