コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利口・利巧・悧巧 りこう

大辞林 第三版の解説

りこう【利口・利巧・悧巧】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
頭がいいこと。かしこいこと。また、そのさま。利発。 ↔ 馬鹿 「 -な動物」 「 -になる」
(特に子供について)聞きわけのいいこと。物分かりがよくて素直なこと。また、そのさま。 「お-さんだから静かにしなさい」
抜け目がないこと。要領のいいこと。また、そのさま。 「 -者」 「 -に立ち回る」
弁舌が巧みな・こと(さま)。巧言。 「行きて-に云ひ聞かせよ/今昔 28
冗談を言うこと。 「もとどり切られてそれにもこりず、猶-しありきける程に/著聞 16」 〔「利口」は、もと弁舌の巧みなことをいう語であったが、生まれつき利発なことを意味する「利根りこん」と混同され、意味が変化し、「利巧・悧巧」とも表記されるようになった〕 → 賢明(補説欄)
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android