コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利尻富士[町] りしりふじ

2件 の用語解説(利尻富士[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

利尻富士[町]【りしりふじ】

北海道北部,利尻郡の町。利尻島の東半分を占める。北部に鴛泊(おしどまり),南部に鬼脇(おにわき)の漁港がある。1955年ごろまでニシン漁でにぎわったが,現在は,アワビ,ウニ,サケ,マスなどの増養殖事業へと転換。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りしりふじ【利尻富士[町]】

北海道北部,宗谷支庁利尻郡の町。人口4398(1995)。1990年東利尻町が改称。利尻島の北部と東部を占め,中央に利尻山(1719m)がそびえる。海岸に集落が散在し,中心は北部の鴛泊(おしどまり)。気温は沿岸一帯を流れる対馬海流の影響により他の道内北部地域より温暖である。19世紀初めに松前藩のニシン漁場として開発され,明治末期から大正期にわたり,ニシン漁の黄金時代を迎えた。現在も基幹産業は漁業で,鴛泊および南東岸の鬼脇の2漁港を中心にコンブ,ウニ,カレイ,イカなどの漁獲が多く,特にリシリコンブはだしコンブとして知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

利尻富士[町]の関連キーワード宗谷支庁宗谷宗谷丘陵宗谷本線天塩幕別平野利尻島利尻礼文サロベツ国立公園稚内利尻山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone