コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利尻水道 りしりすいどう

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕利尻水道(りしりすいどう)


北海道北西岸と利尻島の間の海峡。幅約19km。北海道本島側は沖合2~3kmまで水深10m以内の浅瀬をなす。北流する強い海流があり、最大1~1.5ノットに達する。コンブ・ホタテガイの養殖が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android