コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利己的遺伝子説 りこてきいでんしせつ

大辞林 第三版の解説

りこてきいでんしせつ【利己的遺伝子説】

自然淘汰によって進化した生物の性質は、その個体に有利だったからではなく、その性質に影響する遺伝子そのものの生存や増殖に有利であったからであるとする学説。イギリスの動物学者ドーキンスが提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

利己的遺伝子説の関連キーワード自然淘汰イギリス生存個体増殖提唱性質学説

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android