コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根入り とねいり

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕利根入り(とねいり)


群馬県北部、利根川最上流域の呼称。利根川本流沿いの渓谷部をいう。中心地はみなかみ町。奥利根(おくとね)湖・洞元(どうげん)湖・藤原(ふじわら)湖などのダム湖や、水上(みなかみ)・谷川(たにがわ)・宝川(たからがわ)・湯檜曽(ゆびそ)などの温泉を有し、首都圏から多数の観光客が訪れる観光地。水源・電源地帯としても重要。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android