コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利用調整地区制度

1件 の用語解説(利用調整地区制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

利用調整地区制度

03年施行の改正自然公園法で導入された。国立公園自然環境を維持しながら適正利用を図ることを目的に、環境相が地区を指定し、入域期間や人数を制限する。従来の自然公園法では開発行為の制限は可能だったが、観光客の集中などによる自然荒廃への対応が困難で、人の動きのコントロールが課題だった。同制度は、こうした問題解決の糸口とされる。利用者は個人の場合、1800円以下の手数料を払い、指定認定機関の認定を受けて入域することが定められ、違反者には罰則もある。

(2010-10-11 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利用調整地区制度の関連キーワード国定公園自然公園自然公園法ビオコボ自然公園外国為替及び外国貿易法(外為法)課徴金減免制度(リーニエンシー)独占禁止法の改正富士山の山小屋児童虐待発見時の通告義務生態系維持回復事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利用調整地区制度の関連情報