コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利賀[村] とが

世界大百科事典 第2版の解説

とが【利賀[村]】

富山県南西部,庄川上流の岐阜県境にある東砺波(ひがしとなみ)郡の村。人口1161(1995)。平村,上平村とともに五箇山(ごかやま)と呼ばれてきた。典型的な隔絶山村で,近世には加賀藩の支配下におかれた。大正末から始まった庄川水系の電源開発および道路整備により,人と物の移動が盛んになったが,生活様式も変わり,合掌造の民家も減少して過疎化も進行した。林業の振興,高冷地野菜,薬草の栽培,イワナ養殖,山菜加工,縫製,マタタビ酒・陶芸品の生産が行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android