刷り・刷・摺り(読み)すり

大辞林 第三版の解説

すり【刷り・刷・摺り】

印刷すること。また、印刷の具合。 《刷》 「 -の悪い本」
(多く「ずり」の形で)書籍などで、同じ版から印刷された刷り数を表したもの。また、その本。さつ。奥付に表示する。 《刷》 「第二版第五-」
草木の汁で布に文様を染めつけること。 《摺》 「次次のは朽葉・香重ね、いろいろの-の大海の裳なり/宇津保 楼上・上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android