コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺股・指叉 さすまた

大辞林 第三版の解説

さすまた【刺股・指叉】

江戸時代の捕り物道具の一。 U 字形の鉄金具に2~3メートルの柄をつけたもの。金具で相手の喉のど・腕などを塀や地面に押しつけて捕らえる。 → 袖搦そでがらみ ・突棒つくぼう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報