刺草・蕁麻(読み)いらくさ

大辞林 第三版の解説

いらくさ【刺草・蕁麻】

イラクサ科の多年草。日陰地に自生。高さ80センチメートル 内外。葉は心臓形で粗い鋸歯きよしがある。秋、葉腋ようえきに緑白色の雄花穂と雌花穂をつける。葉・茎にあるとげはギ酸を含み、触れると痛く、水疱ができる。若葉は食用。茎から繊維をとる。イタイタグサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android