コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻・剋 こく

大辞林 第三版の解説

こく【刻・剋】

(「剋」とも書く)陰暦で用いられた時間の単位。水時計(=漏刻)の刻み目に由来する。
一昼夜を12分し、それに十二支を配した時間。「子の刻」などという。定時法では昼夜の別なく12等分するが、不定時法では昼夜を別々に6等分するため、季節により一刻の長さが一定でない。民間では多く後者が用いられた。一刻をさらに4分して「辰たつの一刻」「丑うし三つ」などといい、また一刻を3分して上・中・下を区別し、「寅とらの上刻」「卯の下刻」などと称した。
一昼夜を一〇〇刻に分けた時間。定時法では昼夜を100等分するが、不定時法では春分・秋分で昼夜各五〇刻、夏至には昼六〇刻、夜四〇刻、冬至にはその逆となる。
きざむこと。彫ること。 「名人の-になる彫像」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刻・剋の関連キーワード不定時法彫像

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android