コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻出 こくしゅつ

大辞林 第三版の解説

こくしゅつ【刻出】

( 名 ) スル
彫り刻んで形づくること。 「激烈なる水力は峭然たる岩壁を浸食して此の石橋を-す/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刻出の関連キーワードホブソン(Benjamin Hobson)フレデリック・W. スターペルヴィリバルト グルリットガッタメラータ騎馬像カニシカ(王)奥羽越列藩同盟三省堂(株)嶄絶・巉絶モステール日本風景論寺沢 国子丸善(株)人面獣身像三宅艮斎海国兵談太平広記マローン西川如見鈴木李東史料大成

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android