前原〈市〉(読み)まえばる〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕前原〈市〉(まえばる〈し〉)


福岡県北西部、糸島半島基部に存在した市。
福岡市に隣接する住宅地として人口が急増し、1992年(平成4)市制施行。江戸時代には唐津街道の宿場町。稲作とイチゴ・花卉(かき)の栽培、畜産が盛ん。ノリの養殖も行われる。『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』の「伊都国(いとこく)」の地とされ、国指定史跡の志登(しと)支石墓群、平原(ひらばる)遺跡など古代遺跡が多い。怡土(いと)城跡(国指定史跡)がある。2010年(平成22)、合併のため廃止。⇒糸島市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android