コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前句付け まえくづけ

大辞林 第三版の解説

まえくづけ【前句付け】

俳諧で、七・七または五・七・五の前句に句を付けること。江戸前期に俳諧の入門・稽古のため流行。前句付俳諧。
雑俳の一。出題された前句に付句を付けて点取りを競う遊戯的な俳諧。元禄(1688~1704)頃より盛んとなり、江戸中期に流行。のちに川柳となる。「ぬらりくらりとぬらりくらりと」に「団うちわでは思ふやうには叩かれず」と付ける類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前句付けの関連キーワード蝶々子(1)川柳(2代)収月(初代)柄井川柳五句付け一口前句一言題五文字謎付け川柳点うちわ点取り雑俳流行元禄前句付句川柳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android