前句付け(読み)まえくづけ

大辞林 第三版の解説

まえくづけ【前句付け】

俳諧で、七・七または五・七・五の前句に句を付けること。江戸前期に俳諧の入門・稽古のため流行。前句付俳諧。
雑俳の一。出題された前句に付句を付けて点取りを競う遊戯的な俳諧。元禄(1688~1704)頃より盛んとなり、江戸中期に流行。のちに川柳となる。「ぬらりくらりとぬらりくらりと」に「団うちわでは思ふやうには叩かれず」と付ける類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android