前栽合わせ・前栽合せ(読み)せんざいあわせ

大辞林 第三版の解説

せんざいあわせ【前栽合わせ・前栽合せ】

平安時代の物合わせの一。左右に分かれて、自然の風景を模した植え込みを作り、その優劣や、それを詠んだ歌の優劣を競ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android