コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前津江[村] まえつえ

1件 の用語解説(前津江[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まえつえ【前津江[村]】

大分県西部,日田郡の村。人口1687(1995)。北は日田市,西は福岡県に接する。村域の大部分は標高500m以上の山地で,筑後川の支流高瀬川や赤石川沿いにわずかに耕地が散在する。中心集落は大野。米作や畜産のほか,高冷地野菜シイタケ,花木の生産が行われる。〈日田杉〉の産地として知られる。南部一帯は釈迦ヶ岳,権現岳,渡神岳など標高1000m以上の山々がそびえ,津江山系県立自然公園に属する。大野にある老松(おいまつ)天満社は菅原道真らを祭神とし,その旧本殿(15世紀後半ころの建築)は重要文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前津江[村]の関連キーワード大分県日田盆地大分日田いいちこ日田全麹千年の梅千年の柚子長信成中村元雄日田永季

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone