コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田芳春院 まえだ ほうしゅんいん

1件 の用語解説(前田芳春院の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

前田芳春院

安土・桃山時代の武将・金沢藩祖前田利家の正室。尾張生。織田信長の弓頭篠原主計の子。名はまつ・松・松子。12才で利家に嫁し、利長・利政ら二男九女を生む。利家の死後、落飾して芳春院と号し、のち京都大徳寺内に芳春院を建立。徳川家との和議のために人質として十数年間江戸で暮らす。豊臣秀吉正室高台院とは昵懇の間柄。元和3年(1617)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前田芳春院の関連キーワード細川玄旨山岡如軒前田利太金沢城井上長政岡島一吉神戸清右衛門高畠定吉前田利隆(1)前田利昌(1)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone