コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣ヶ峰 けんがみね

大辞林 第三版の解説

けんがみね【剣ヶ峰】

噴火口の周縁。特に、富士山のものをいう。
相撲で、土俵の俵の一番高い部分。
追いつめられて、もう余裕のない状態。絶体絶命。 「首相は防衛問題で-に立たされた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

剣ヶ峰の関連キーワード白山(石川・岐阜県境)駒ヶ岳(北海道)大山(鳥取県)諸橋近代美術館早池峰国定公園乗鞍岳・乗鞍嶽雌阿寒岳早池峰山富士山満願寺駒ヶ岳御嶽山武尊山乗鞍岳浅間山噴火口大山白山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剣ヶ峰の関連情報