剣鉾差し

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

剣鉾差し

長さ6~7メートルの木製のの先端に剣や金属製の飾り、などを付けた「剣鉾」を持って、「差し手」である氏子らが町内を練り歩いて魔を払う行事。春・秋まつりで神輿(みこし)を先導する。剣をしなるように揺らし、鈴を棒に当てて鳴らしながら歩く「差し方」が、地域ごとに決まっている。

(2012-09-17 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android