副寺・副司(読み)ふうす

大辞林 第三版の解説

ふうす【副寺・副司】

〔唐音〕
禅宗で六知事の一。金銭・穀物などの出入りをつかさどる役僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふう‐す【副寺・副司】

〘名〙 (「ふう」「す」はそれぞれ「副」「寺(司)」の唐宋音) 禅宗寺院の六知事の一つ。東班(とうはん)の首位。副住持にあたる。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「近日称都寺即監寺也。称副寺亦監寺也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android