コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

創建法隆寺

1件 の用語解説(創建法隆寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

創建法隆寺

別名は斑鳩寺。若草と呼ばれる地にあるため若草伽藍とも呼ばれる。1939年の発掘調査で遺構が見つかった。日本書紀では606年、寺伝では607年に聖徳太子が創建したとされる。04年の焼損壁画片出土により、斑鳩寺が670年に焼失し、法隆寺として再建されたとの見方が強まっていた。

(2006-06-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

創建法隆寺の関連キーワード内耳若草山若草色斑鳩寺御呼ばれ区部太子呼ばれる社会的起業対数の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone