劈入(読み)へきにゅう

大辞林 第三版の解説

へきにゅう【劈入】

( 名 ) スル
割って入り込むこと。突き破って入ること。 「信濃飛驒の境上に綿亘せる花崗岩帯と、其西に延縁せる片麻岩帯との間に-せる火山岩帯/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android