力草・力種(読み)ちからぐさ

大辞林 第三版の解説

ちからぐさ【力草・力種】

オヒシバの異名。
タカが、捕らえた鳥の逃れようとするのに抗するため、獲物をつかんでいない方の足でつかむ地面の草。 「やう〱引き下して-を取り、鶴を引伏せたる所へ/仮名草子・浮世物語」
(「力種」とも書く)力と頼むもの。頼りにするもの。 「私は緑さんの詞ことばを-に生て居るのです/谷間の姫百合 謙澄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android