力餅・力餠(読み)ちからもち

大辞林 第三版の解説

ちからもち【力餅・力餠】

食べると力がつくといわれる餅。山越えの時や、気力をつける時などに用いた。
汁の餅」に同じ。
餅負もちお」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android