コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

功し いさおし

大辞林 第三版の解説

いさおし【功し】

( 形シク )
勇ましい。雄々しい。 「俊蔭、-・しき心、はやき足をいたして行くに/宇津保 俊蔭
勤勉だ。よく努める。 「 - ・しきかな辰爾/日本書紀 敏達訓
手柄がある。勲功がある。 「天皇厚く野見宿禰の-・しきを賞めたまふ/日本書紀 垂仁訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

功しの関連キーワードリンデ(Carl Paul Gottfried Ritter von Linde)エルンスト・ヴィクトール・フォン ライデンiPS細胞(人工多能性幹細胞)二兎を追う者は一兎をも得ずW.R. アンダーソンES細胞とiPS細胞謀は密なるを良しとすジョーダン ロメロ世界宇宙飛行の日ロール・アウトルビーレーザー風に順いて呼ぶ立志伝中の人ファルコン9代官見立新田一花咲かせるノースロップ真珠記念日リップマンモルナール

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

功しの関連情報