功力 金二郎(読み)クヌギ キンジロウ

20世紀日本人名事典の解説

功力 金二郎
クヌギ キンジロウ

昭和期の数学者 大阪大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年2月20日

没年
昭和50(1975)年12月19日

出生地
山梨県

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部数学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
Docteur ès Science(フランス政府)〔昭和5年〕,理学博士(東京大学)〔昭和15年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和14年〕

経歴
吉江琢児教授の指導で解析学を専攻。東京高等学校数学教授、昭和2年北海道帝大の理学部開設で数学科教授候補者に選ばれ、3年フランスに留学、抽象空間論の創設者フレシェに師事、帰国後、北大数学科助教授、教授となった。学位論文「ぼれる及解析集合論ヘノ寄与」(仏文)で解析集合論を発展させ、次いで複素関数論を研究、アールホルスの幾何学的理論の拡張に成功。24年大阪大学理学部教授、38年定年退職後、阪大工学部基礎工学科、東京理科大学京都産業大学の各教授を歴任した。著書に「抽象空間論」(岩波講座「数学」所収)、「実関数論および積分論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android