コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

功名を竹帛に垂る こうみょうをちくはくにたる

大辞林 第三版の解説

こうみょうをちくはくにたる【功名を竹帛に垂る】

〔「後漢書鄧禹伝」より。「竹帛」は竹の札と絹の布。ともに、古く字を書いて文字を記録したもの〕
歴史に名が残るほどの優れた事跡を残すこと。竹帛の功。名を竹帛に垂る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

功名を竹帛に垂るの関連キーワード名を竹帛に垂る功名竹帛