コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加世田鍛冶

1件 の用語解説(加世田鍛冶の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加世田鍛冶

16世紀の薩摩の武将で島津家中興の祖、忠良(日新公)が下級武士に鍛冶の仕事を与えたのが始まりとされる。当時は角釘を作ったが、のちに刃物や農機具を手がけるようになった。現在作られているのは包丁と鎌。見た目は武骨だが、両刃で鋭い切れ味が特徴。1987年には「加世田鎌」「加世田包丁」が県の伝統的工芸品に指定された。粗づくりに始まり、冷や打ち、けずり、焼き入れ、ひずみなおしなど11に及ぶ工程はすべて手作業で、火は昔ながらの炭火を用いる。

(2014-03-24 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加世田鍛冶の関連キーワード弘尊中興の祖島津家久(1)島津家久(2)島津忠直島津忠良島津久経島津久元島津以久山内首藤通資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加世田鍛冶の関連情報