コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加圧水型炉(PWR)

1件 の用語解説(加圧水型炉(PWR)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加圧水型炉(PWR)

世界の原発の約6割を占めるタイプ。圧力をかけた水を原子炉内に通して300度超にし、その熱で原子炉外の水を沸騰させ、タービンを回して発電する。東芝子会社の米ウェスチングハウス(WH)や三菱重工が手がける。原子炉内に通した水を直接沸騰させる沸騰水型炉(BWR)は東芝のほか、日立などがつくる。

(2012-11-21 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加圧水型炉(PWR)の関連キーワードインディカ米味を占める座を占める地歩を占める原発性肝癌米国の原発中国の原発世界の原発福井県内の原発地脚タイプ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加圧水型炉(PWR)の関連情報