加圧水型炉(PWR)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加圧水型炉(PWR)

世界の原発の約6割を占めるタイプ。圧力をかけた水を原子炉内に通して300度超にし、その熱で原子炉外の水を沸騰させ、タービンを回して発電する。東芝子会社の米ウェスチングハウス(WH)や三菱重工が手がける。原子炉内に通した水を直接沸騰させる沸騰水型炉(BWR)は東芝のほか、日立などがつくる。

(2012-11-21 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加圧水型炉(PWR)の関連情報