コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加津佐〈町〉 かづさ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕加津佐〈町〉(かづさ〈まち〉)


長崎県南東部、島原半島南西部に存在した町。南高来(みなみたかき)郡。
安土桃山時代はキリシタン信仰の一中心で、銅版活版印刷が行われた。中世の学校跡などキリシタン遺跡が多い。2006年(平成18)、合併のため廃止。この合併により、南高来郡消滅。⇒南島原市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

加津佐〈町〉の関連キーワードキリシタン文学長崎県南島原市長崎の活版印刷西有家[町]南島原[市]布津[町]コエリヨ口之津北有馬西有家南有馬初正宗加津佐橘湾有家深江布津

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android