加津佐〈町〉(読み)かづさ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕加津佐〈町〉(かづさ〈まち〉)


長崎県南東部、島原半島南西部に存在した町。南高来(みなみたかき)郡。
安土桃山時代はキリシタン信仰の一中心で、銅版活版印刷が行われた。中世の学校跡などキリシタン遺跡が多い。2006年(平成18)、合併のため廃止。この合併により、南高来郡消滅。⇒南島原市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android