加納雨篷

美術人名辞典の解説

加納雨篷

南画家・書家。大分県生。宗右衛門重治の子。名は彦松、字は士秀、別号に雨峰・石華・老雨・楓泉・含暉等がある。画を児玉白石・帆足杏雨・守山湘帆に、漢学を菊川南峯塾に、和歌を原宏平に学ぶ。山水花鳥画・行草を能くした。昭和8年(1933)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android