加茂川 緋佐子(読み)カモガワ ヒサコ

20世紀日本人名事典の解説

加茂川 緋佐子
カモガワ ヒサコ

昭和期の女優



生年
大正12(1923)年

没年
昭和5(1930)年6月27日

経歴
昭和4年日活太秦撮影所現代劇部の子役となり、川又堅太郎主演「当世円タク稼業」などに可憐な姿を見せた。しかし5年徳永フランク監督「光りは東より」に出演したあと疫痢にかかり、わずか7歳で死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

加茂川 緋佐子
カモガワ ヒサコ


職業
女優

生年月日
大正12年

経歴
昭和4年日活太秦撮影所現代劇部の子役となり、川又堅太郎主演「当世円タク稼業」などに可憐な姿を見せた。しかし5年徳永フランク監督「光りは東より」に出演したあと疫痢にかかり、わずか7歳で死亡した。

没年月日
昭和5年 6月27日 (1930年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android