加藤 源之助(読み)カトウ ゲンノスケ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 源之助
カトウ ゲンノスケ

明治〜昭和期の洋画家



生年
明治13(1880)年

没年
昭和21(1946)年

出生地
京都市

経歴
生家は京都の法衣商藤源。伊藤快彦の鐘美会に学び、明治35年浅井忠に入門。37年関西美術会競技会で水彩画鉛筆画とも1等を受賞。39年関西美術院が設立されると聖護院洋画研究所から移籍。同年関西美術会競技会で鉛筆画1等賞、40年同会で水彩画1等賞となり、同年文展に「出町の冬」で入選する。42年関西美術会競技会に「八瀬」で水彩画3等賞、43年同会に「長谷の冬」で水彩画2等賞を受けるなど、浅井忠の画風を継ぐ水彩画家として活躍。大正5年浅井門下生有志で同人会を設立。日露戦争で家兄が亡くなったため家業を継ぎ一線を退いたが、法衣の研究でも知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android