加藤 義成(読み)カトウ ヨシナリ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 義成
カトウ ヨシナリ

昭和期の郷土史家 古事記学会評議員。



生年
明治38(1905)年11月10日

没年
昭和58(1983)年3月23日

出生地
島根県加茂町

学歴〔年〕
島根師範学校〔昭和3年〕卒

経歴
三刀屋中、益田農などで国語教師を務める。戦後は島根県立博物館専門員などを務め、長く「出雲国風土記」の研究に携わった。「風土記」の記述に基づき「正倉」跡は松江市内にあると主張し、のち発掘により立証された。著書に「出雲国風土記参究」「風土記時代の出雲」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android