加藤 陸奥雄(読み)カトウ ムツオ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 陸奥雄
カトウ ムツオ

昭和・平成期の昆虫学者,生態学者 東北大学名誉教授。



生年
明治44(1911)年12月2日

没年
平成9(1997)年3月8日

出生地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
東北帝国大学理学部生物学科〔昭和10年〕卒,東北帝国大学大学院修了

学位〔年〕
理学博士〔昭和20年〕

主な受賞名〔年〕
日本動物学会賞〔昭和15年〕「苺花象虫Anthonomus bisignifer SCHENKLINGの自週活動に関する一般的考察―特に環境条件並びに体温との関係について」,河北文化賞〔昭和36年〕,サンケイ児童出版文化賞(大賞)〔昭和41年〕「少年少女日本昆虫記」(全5巻),勲一等瑞宝章〔昭和58年〕

経歴
昭和22年東北大学教授兼農林技官などを経て、46年東北大学長、52年退官、名誉教授。国立大学協会の諸委員会で敏腕を振るった。52年大学入試センター発足と同時に所長。共通一次の育ての親でもある。57年定年退官し、同年宮城県美術館長に就任。環境庁野生動物保護対策検討委員会座長、日本生態学会会長なども務め、平成7年鹿児島県出水市のツル博物館・クレインパークいずみ設立にあたり、初代館長を務めた。野生生物の生態と保全、自然環境保護の分野で多くの功績を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤 陸奥雄 (かとう むつお)

生年月日:1911年12月2日
昭和時代;平成時代の昆虫学者。東北大学教授;日本生態学会会長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android