加藤 鯛一(読み)カトウ タイイチ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

加藤 鯛一
カトウ タイイチ


肩書
衆院議員(翼賛政治会)

生年月日
明治21年6月

出身地
愛知県

経歴
大正13年衆院議員に初当選以来連続7期務めた。内務政務次官、内閣委員のほか国民同盟総務、幹事長、大政翼賛会中央協力会議員等を歴任。また、雑誌「実業帝国」を創刊し、東京政治通信社社長となる。著書に「大宰相浜口雄幸」「議会制度革正論」「新時代に処する国策を論ず」など。

没年月日
昭和18年10月5日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android