コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤勘六(2代) かとう かんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤勘六(2代) かとう-かんろく

1766-1848 江戸時代中期-後期の陶工。
明和3年生まれ。父の初代勘六の家をつぐ。作品は勘六(閑陸(かんろく))青磁,勘六獅子,勘六風炉(ふろ)と称される。晩年には閑遊の印をもちいた。嘉永(かえい)元年死去。83歳。号は閑陸,閑遊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤勘六(2代)の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件三月革命ウィーン蜂起清水赤城カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone