コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤勘六(2代) かとう かんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤勘六(2代) かとう-かんろく

1766-1848 江戸時代中期-後期の陶工。
明和3年生まれ。父の初代勘六の家をつぐ。作品は勘六(閑陸(かんろく))青磁,勘六獅子,勘六風炉(ふろ)と称される。晩年には閑遊の印をもちいた。嘉永(かえい)元年死去。83歳。号は閑陸,閑遊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤勘六(2代)の関連キーワード一八四八年の革命浮世草子ドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)円山応挙明和事件

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android