加藤義清(読み)かとう よしきよ

美術人名辞典の解説

歌人・御歌所寄人。号は蕉陰・鏡迺舎。名古屋生。菊間平八郎の五男、加藤安彦孫娘婿。従五位・勲五等に叙せられる。著書に『火筒のひびき』『渡るに安き安城の』等がある。昭和16年(1941)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる