コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤 高明 カトウ タカアキ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 高明
カトウ タカアキ

明治・大正期の政治家,外交官,伯爵 首相;外相;憲政会総裁。



生年
安政7年1月3日(1860年)

没年
大正15(1926)年1月28日

出生地
尾張国佐屋(愛知県佐屋町)

旧姓(旧名)
服部 総吉

学歴〔年〕
東京大学法学部〔明治14年〕卒

経歴
三菱会社に入社、明治16年英国遊学。18年帰国して本社副支配人となり日本郵船入社。19年岩崎弥太郎の長女春治と結婚。20年大隈重信外相秘書官。23年大蔵省に入り銀行局長、主税局長。27年外務省入りして駐英特命全権公使。33年第4次伊藤内閣の外相となり日英同盟を推進。35年高知県から衆院議員に当選。37年東京日日新聞社長。39年第1次西園寺内閣の外相となったが、鉄道国有化に反対し、55日で辞任。41年駐英特命全権大使。大正2年第3次桂内閣の外相となり、桂の立憲同志会に参加、桂の死で総裁に就任。3年第2次大隈内閣の外相。5年憲政会を組織して総裁。13年革新倶楽部、政友会と護憲三派を結成、同年6月首相として内閣を組織、普通選挙法、治安維持法を制定。翌年内紛で総辞職、憲政会単独の第2次内閣を組織したが、首相在任中死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

加藤 高明
カトウ タカアキ


肩書
第24代首相,外相,憲政会総裁

旧名・旧姓
別名=服部 総吉

生年月日
万延1年1月3日(1860年)

出生地
尾張国佐屋(愛知県佐屋町)

学歴
東京大学法学部〔明治14年〕卒

経歴
三菱会社に入社、明治16年英国遊学。18年帰国して本社副支配人となり日本郵船入社。19年岩崎弥太郎の長女春治と結婚。20年大隈重信外相秘書官。23年大蔵省に入り銀行局長、主税局長。27年外務省入りして駐英特命全権公使。33年第4次伊藤内閣の外相となり日英同盟を推進。35年高知県から衆院議員に当選。37年東京日日新聞社長。39年第1次西園寺内閣の外相となったが、鉄道国有化に反対し、55日で辞任。41年駐英特命全権大使。大正2年第3次桂内閣の外相となり、桂の立憲同志会に参加、桂の死で総裁に就任。3年第2次大隈内閣の外相。5年憲政会を組織して総裁。13年革新倶楽部、政友会と護憲三派を結成、同年6月首相として内閣を組織、普通選挙法、治安維持法を制定。翌年内紛で総辞職、憲政会単独の第2次内閣を組織したが、首相在任中死去。

没年月日
大正15年1月28日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤 高明 (かとう たかあき)

生年月日:1860年1月3日
明治時代;大正時代の政治家;外交官。内閣総理大臣
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

加藤 高明の関連キーワード加藤内閣(加藤高明内閣)臨時外交調査委員会芳沢‐カラハン会議二十一ヵ条要求若槻礼次郎内閣岩崎 幸治郎護憲三派内閣加藤高明内閣憲政の常道小池 張造幣原喜重郎鈴木富士弥熊谷 直太若槻礼次郎江木 翼下岡忠治大正時代箕浦勝人片岡直温政党政治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤 高明の関連情報