コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀千代尼 かがの ちよに

1件 の用語解説(加賀千代尼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加賀千代尼

江戸中期の女流俳人。加賀生。号は草風、法名は素園。12才の頃から俳諧を学び、17才で各務支考に師事する。また画を五十嵐浚明に学んで能くした。句集に『四季帖』『松の声』『千代尼句集』がある。安永4年(1775)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀千代尼の関連キーワード飯島珈凉蘭台上人舎羅太祇千代女加賀千代秋色女筑波子杉木美津万里女

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone