コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀象眼・加賀象嵌 かがぞうがん

大辞林 第三版の解説

かがぞうがん【加賀象眼・加賀象嵌】

江戸初期、前田家に召し抱えられた山城伏見の金工が、刀剣の小柄・鐔つばの類に施した象眼。加賀国で発達した。平象眼の上に糸象眼をすることが特色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

加賀象眼・加賀象嵌の関連キーワード平象眼金工

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android