コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀象眼・加賀象嵌(読み)かがぞうがん

大辞林 第三版の解説

かがぞうがん【加賀象眼・加賀象嵌】

江戸初期、前田家に召し抱えられた山城伏見の金工が、刀剣の小柄・鐔つばの類に施した象眼。加賀国で発達した。平象眼の上に糸象眼をすることが特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android