コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加里硝子 カリガラス

大辞林 第三版の解説

カリガラス【加里硝子】

オランダ kali+オランダ glas〕
ソーダ-ガラスのナトリウム分の一部または全部のかわりにカリウム分を用いて作ったガラス。理化学用ガラス・装飾用ガラス・クリスタル-ガラス・光学ガラス・色ガラスなどに広く用いられる。 〔「加里硝子」とも書く〕 → ソーダ-ガラス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

加里硝子の関連キーワード光学ガラスソーダ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android