加陪仲塗(読み)かべの なかぬり

美術人名辞典の解説

加陪仲塗

江戸中期の狂歌師。通称河合安右ヱ門。師は四方赤良。江戸赤坂に住す。天保3年(1832)歿、64才。(一般に左官の棟梁なり。故に此号ありと)

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android