コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

1件 の用語解説(加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

年をとるにつれ、目の網膜の中心部にある「黄斑」に異常が出る病気。網膜の下の色素上皮という組織が傷み、ものがゆがんで見えたり、最悪の場合失明したりする。日本人に多い型では、50歳以上の有病率は1%程度、患者数は推定約70万人。

(2014-09-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の関連キーワード周辺視中心視中心性網膜炎網膜炎連れる年を取る太陽性網膜症網膜前膜かん(桿)体網膜照度の式

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の関連情報