コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助五郎と幽学

1件 の用語解説(助五郎と幽学の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

助五郎と幽学

飯岡助五郎(1792~1859)は、三浦半島生まれ。海上郡飯岡(旭市)に出稼ぎに来て定住。笹川の博徒の親分・笹川繁蔵と敵対。虚実入りまじった講談、浪曲、芝居、映画の「天保水滸伝(すいこでん)」では悪役だが、飯岡では地元に尽くしたと評価される。大原幽学(1797~1858)は、各地を漂泊のあと長部村に腰を落ち着ける。土地の共有組織化などは検地による年貢制度の根幹を揺るがす側面もあり、幕府の弾圧を受けた。

(2011-01-25 朝日新聞 朝刊 千葉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助五郎と幽学の関連キーワード飯岡助五郎勢力富五郎天保水滸伝平手造酒三浦市山助五郎(2代)仙石助五郎中村助五郎(2代)中村助五郎(3代)山本助五郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone