コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助広(2代) すけひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助広(2代) すけひろ

1637-1682 江戸時代前期の刀工。
寛永14年生まれ。初代助広の子(弟子とも)。大坂城代青山宗俊につかえる。よせてはかえす大波をあらわした濤瀾(とうらん)乱れの刃文創案作刀は千六百余口(ふり)におよぶ。銘は「津田越前守助広」など。銘の書体により,作刀の前半を「角津田」,後半を「丸津田」とよぶ。天和(てんな)2年3月14日死去。46歳。摂津打出村(兵庫県)出身。通称は甚之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

助広(2代)の関連キーワード刀工

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android