コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助産所と嘱託医

1件 の用語解説(助産所と嘱託医の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

助産所と嘱託医

お産を扱っている開業助産所は全国に330カ所。年間約1万人が生まれる。医療法第19条は「助産所は開業時に嘱託医師を届け出る」と定めているが、形骸(けいがい)化していたため同法を改正。今年4月から(1)嘱託医は産婦人科医師に限る(2)新たに救急対応可能な連携医療機関を定める――よう義務づけられた。猶予期間は1年間。日本産婦人科医会による01年開業助産師調査では、嘱託医なしが4.7%で、7.7%がお産を扱っていない医師。文書で契約していたのは48%で、金銭を伴う契約は18%だった。日本助産師会の05年調査では、産科以外の嘱託医は19%、産科であってもお産を扱っていない医師が35%いた。

(2007-02-20 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助産所と嘱託医の関連キーワード助産師外来バースプラン助産所財産所得産所女史土砂災害院内助産所と助産師外来助産師外来と院内助産所、助産科院内助産システム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone