コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助縁 じょえん

大辞林 第三版の解説

じょえん【助縁】

助けとなる縁。縁故を明らかにするための助け。また、社寺に寄進すること。 「諸徳が動力となり-となつて/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

助縁の関連キーワード諸徳縁故

助縁の関連情報