コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労がはし いたずがわし

大辞林 第三版の解説

いたずがわし【労がはし】

( 形シク )
〔「いたづかはし」 「いたつかはし」とも〕
御苦労なことだ。 「この楽しびを忘れて-・しく外の楽しびを求め/徒然 93
わずらわしい。面倒だ。 「我より上なる人と伴へば-・しき事のみあつて/仮名草子・伊曽保物語」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

労がはしの関連キーワード仮名草子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android