コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労り・功 いたわり

大辞林 第三版の解説

いたわり【労り・功】

いたわること。思いやりをもって扱うこと。また、ねぎらうこと。 「 -の言葉をかける」
(「功」と書く)功労。手柄。骨折り。 「三族の課役を免して以て其の-を顕したまへ/日本書紀 持統訓
(人や物に対して)心を用いること。目をかけて世話をすること。 「これかれ御-にて皆なりぬ/宇津保 国譲下
病気。 「老母の-とてたびたび暇を乞ひ候へども/謡曲・熊野」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報